一度に収めるのが難しい場合はどうすればよい?

af9920058177l

 

私たちの家庭は賃金というお金で成り立っていますが、私たちの国も私たちの賃金の中から納付された税金から成り立っています。

 

亡くなった方から財産を相続した場合も税金を納付することになります。

 

税金は一括で現金で納付するのが原則です。

 

納税期限は、被相続人が死亡した日の翌日から10ヶ月以内ですが、現金で一括納付が出来ない人も出てきます。

 

例えば、現金や預金のみで相続をした人なら現金で納付を出来ますが、不動産のみで相続した場合困難な状況が出てきます。

 

又遺産分割と共に、法律の改正は深刻な事態を招くことになると予想されます。

 

この様な場合、一定の条件を満たせば、税金を分割して納付する事が出来ます。

 

これを延納といいますが、1)それでも分割して支払う事が出来ない場合、2)金銭納付が困難な金額を限度とする3)所定の期限までに申請が行われていること等、一定の条件を満たせば相続した不動産などの財産で納付することが出来ます。

 

これを物納と言います。 物納が出来ます財産は、日本国内にあることで、物納する財産には優先順位があります。 1)国債・地方債・不動産屋船舶・特定登録美術品2)適当な財産が無い場合、社債や株式、証券投資信託の受益証券3)適当な財産が無い場合、商品等の動産となっています。