土地の評価はどうやって決まる?

af9920058177l

 

 

相続財産の中に、土地などの不動産があった場合には、その相続財産の算定方法は、原則、時価で算定することになります。

 
しかし、時価といって、土地の不動産の流通が頻繁に行われている地域であれば、時間算定もしやすいですが、ほとんどの土地では時価算定をすることが困難です。

 
このため、国税庁では、土地の時間算定を補助するために、毎年、7月頃にその年1月1日時点での路線価を発表しています。

 
時価で算定できない土地については、この路線価方式で路線価を決めており、その評価単位は1m単位です。

 
この路線価とは道路に面している四方のそれぞれに設定を行い、土地開発や地域開発などの外部要因があれば、この路線価は逐次変更していくことになります。

 
また、この路線価は都心部であればあるほど、設定しやすいのですが、田舎などの地域では、この路線価の算定に当たっては、土地の固定資産税の課税対象額に倍率方式の倍率を乗じて算定する方法を用いています。

 
この倍率方式では、概ね時価の7割くらいに設定されています。

 
この路線価や倍率のどちらでも、実際には土地の時価の7~8割に設定されるようになっていて、少し低めで相続財産の金額が算出しているのです。