生命保険を取得しても一部非課税になるの?

af9920058177l

 

生命保険の受け取り金には、非課税のゾーンがあります。

 

被相続人が亡くなる事によって取得を行った場合ですと、生命保険金、損害保険金で、保険料の全部か一部を被相続人が負担していた場合ですと、課税対象となります。この死亡保険金を受け取る方ですと、全部の相続人が取得した保険金の合計額が計算式によって計算を行いました非課税限度額を超えるとき、その超える部分が課税対象になります。

 

 

取得しました、生命保険金の金額が非課税枠に入っていれば相続財産には加算はありません。ですので、自分自身の財産から毎月ごとに保険料を支払えば、必ず相続財産を減らすことになるため、減額することになります。

 

また、自分が亡くなり御家族が生命保険金を取得を行った時には必ず非課税枠がありますので、税金を払うこと必要はなくて、しかも相続財産を受け取れるようになります。

 

結論を言いますと、相続の財産から生命保険料を支払う事によって、続財産が減りますので、支払いが必ず減額になります。また、生命保険金を主と繰るするのは、非課税で保険金を取得しますから、非課税で財産を移動したのと同じことになります。

 

つまり、2重のメリットを適切な手続きを踏むとメリットを得ることができます。