未分類

af9920058177l

 

遺産相続をしてその税金を支払い、高いなと感じたことは有りますか、かなりの高率で課税されていますからきっと殆どの方がどうにか安くならないかなと考えるはずです。

 
そこで、一定期間内に相続された物を売却すれば相続財産を譲渡した場合の取得費の特例という、法律が有るのでこれを利用しない手はないでしょう、それには条件があります。

 

(この特例は、相続により取得した財産などを、売却した時は、税額から一定額を譲渡資産の取得費に足すことができるというものです。)

 
それは相続や遺贈により財産を取得した人で、その財産を取得した人に税が課税されその財産を、相続開始のあった日の翌日から税の申告期限の翌日以後3年を経過する日までに譲渡していること、と言う条件なのですが簡単に言うと、財産をモラッテ税金を支払った人が申告期限の翌日から3年以内にその遺産を売却すると言うことです。

 
また税金の申告と納税の期限は、被相続人の死亡した日の翌日から10ヶ月以内となっています。

 
引き継いだ遺産を売るというのは、かなり抵抗があると言う方も有るでしょうが、これは一定額が税金から控除される上にあなたから次の世代に相続が発生しないというメリットがあります、と言うことは遺産相続で親族間に争いごとが発生しないこと、

 

これは税金が安くなると言うことよりずっと得策で、つまり経済的以外にも家族にとって有益でとどのつまりは税金をやすくすると言うことなのです。

af9920058177l

 

相続財産の範囲は、かなり幅広い範囲の資産が対象になります。

 
当然、被相続人の名義預金や名義株式はその範囲に入りますが、これ以外にも、被相続人名義の不動産や骨とう品や書画、美術品、ゴルフ会員権、あるいは外貨、金や銀など、対価性のあるものすべてが範囲に入ります。

 
では、名義以外のこれらのものはどうかというと、その資産形成を資金出所が被相続人から出ているのであれば、これらもその範囲に入ることになります。

 
税務署が、こうした資産の範囲を調査するには、その資産形成がどのようになされたのか、ということに着目しています。

 
例えば、名義が被相続人以外の資産であっても、収入のない者がそうした資産形成をしていると、その資金出所が被相続人となった場合、相続財産になるだけでなく、贈与税の課税対象となる場合があります。

 
よくあるのが、名義株式で本人以外の名義で株式を取得した場合でも、その取得の経緯を調べて、本人から資金がでていないとこを確定させるのです。

 
このため、税務署での調査では、夫婦間の相続であれば、夫や妻の成人から現代にいたるまでの収入の発生状況を確認していきます。

 
また、就職をしていなくても収入の状況を調べて判定していくのです。

af9920058177l

 

私たちの家庭は賃金というお金で成り立っていますが、私たちの国も私たちの賃金の中から納付された税金から成り立っています。

 

亡くなった方から財産を相続した場合も税金を納付することになります。

 

税金は一括で現金で納付するのが原則です。

 

納税期限は、被相続人が死亡した日の翌日から10ヶ月以内ですが、現金で一括納付が出来ない人も出てきます。

 

例えば、現金や預金のみで相続をした人なら現金で納付を出来ますが、不動産のみで相続した場合困難な状況が出てきます。

 

又遺産分割と共に、法律の改正は深刻な事態を招くことになると予想されます。

 

この様な場合、一定の条件を満たせば、税金を分割して納付する事が出来ます。

 

これを延納といいますが、1)それでも分割して支払う事が出来ない場合、2)金銭納付が困難な金額を限度とする3)所定の期限までに申請が行われていること等、一定の条件を満たせば相続した不動産などの財産で納付することが出来ます。

 

これを物納と言います。 物納が出来ます財産は、日本国内にあることで、物納する財産には優先順位があります。 1)国債・地方債・不動産屋船舶・特定登録美術品2)適当な財産が無い場合、社債や株式、証券投資信託の受益証券3)適当な財産が無い場合、商品等の動産となっています。

 

af9920058177l

 

相続人に残される財産には非課税財産と呼ばれる、慣習や政策的な面から税金のかからないものがあります。

 

宗教行事にのみ用いられ利益を得る業務に用いるとは考えられない墓地、仏壇、墓石、仏具などのものは、金銭には代えられないという側面があるという意味から購入時の価格がどんなに高いのものでも非課税です。ただし、骨董品として取り扱うものや投資の対象として利益を得る事を目的とするものは課税の対象となります。

 

国、公共団体、公益法人等に寄附した財産は、公益性があると考えられるので非課税となります。

 

死亡保険金や死亡退職金については、原則として法定相続人の数に500万円を掛けた金額までは非課税となります。

 

ただし、死亡保険金の中でも課税の対象となるものもありますので予め調査が必要です。

 

公益性のある一定の条件を満たす慈善、学術、その他の事業を行う個人が相続などで取得した財産のうち、確実に公益を目的とする事業使われる場合には非課税となります。

 

また、精神障害者、身体障害者、それらの人を扶養する人に給付される給付金については非課税です。

 

更に、相続人が経営を引き次ぐ事を条件として、個人経営の幼稚園事業に使用されていた財産のうち、一定の要件を満たすものは非課税となります。

af9920058177l

 

生命保険の受け取り金には、非課税のゾーンがあります。

 

被相続人が亡くなる事によって取得を行った場合ですと、生命保険金、損害保険金で、保険料の全部か一部を被相続人が負担していた場合ですと、課税対象となります。この死亡保険金を受け取る方ですと、全部の相続人が取得した保険金の合計額が計算式によって計算を行いました非課税限度額を超えるとき、その超える部分が課税対象になります。

 

 

取得しました、生命保険金の金額が非課税枠に入っていれば相続財産には加算はありません。ですので、自分自身の財産から毎月ごとに保険料を支払えば、必ず相続財産を減らすことになるため、減額することになります。

 

また、自分が亡くなり御家族が生命保険金を取得を行った時には必ず非課税枠がありますので、税金を払うこと必要はなくて、しかも相続財産を受け取れるようになります。

 

結論を言いますと、相続の財産から生命保険料を支払う事によって、続財産が減りますので、支払いが必ず減額になります。また、生命保険金を主と繰るするのは、非課税で保険金を取得しますから、非課税で財産を移動したのと同じことになります。

 

つまり、2重のメリットを適切な手続きを踏むとメリットを得ることができます。

af9920058177l

 

法定納期限は相続開始日(通常は被相続人の死亡の日)の翌日から10ヶ月以内です。

 

例えば1月1日に被相続人が亡くなった場合、その翌日から10ヶ月内、つまり11月1が期限となります。

 

申告は相続によって財産を取得した人が行わなければなりませんが、複数の相続人がいる場合は共同申告になります。

 

全員が申告書を出すわけではなく、1通の申告書に全員が署名、捺印し、下に納税額を計算する欄がありますので、各人毎に計算します。

 

ただ一番問題となる遺産分割協議が終わっていなければ、作成することは出来ません。もし、まとまらないで期限が近づいた場合は単独で申告されるケースもあります。

 
納付は原則現金ですが、用意できない場合は延納や物納でも納付出来ます。延納の場合は延滞税がかかります。

 

法定納期限の翌日から2ヶ月はまだ小さい利率ですが、それをすぎると倍以上の利率となります。

 

物納の場合、有価証券や不動産、国債、地方債、不動産、船舶、社債、株式、動産で納めることができますが、物納出来ないものもあります。

 

質権、抵当権等の担保の目的となっている財産や共有となっている財産(共有者全員が持分の全部を物納する場合を除いて)等です。

 
各相続人全員には連帯納付義務がありますので、お互いに完納を確認しあうことが重要です。

af9920058177l

 

 

相続人に残される財産には非課税財産と呼ばれる、慣習や政策的な面から税金のかからないものがあります。

 

宗教行事にのみ用いられ利益を得る業務に用いるとは考えられない墓地、仏壇、墓石、仏具などのものは、金銭には代えられないという側面があるという意味から購入時の価格がどんなに高いのものでも非課税です。

 

ただし、骨董品として取り扱うものや投資の対象として利益を得る事を目的とするものは課税の対象となります。

 

国、公共団体、公益法人等に寄附した財産は、公益性があると考えられるので非課税となります。死亡保険金や死亡退職金については、原則として法定相続人の数に500万円を掛けた金額までは非課税となります。

 

ただし、死亡保険金の中でも課税の対象となるものもありますので予め調査が必要です。

 

公益性のある一定の条件を満たす慈善、学術、その他の事業を行う個人が相続などで取得した財産のうち、確実に公益を目的とする事業使われる場合には非課税となります。

 

また、精神障害者、身体障害者、それらの人を扶養する人に給付される給付金については非課税です。

 

更に、相続人が経営を引き次ぐ事を条件として、個人経営の幼稚園事業に使用されていた財産のうち、一定の要件を満たすものは非課税となります。

af9920058177l

 

生命保険の受け取り金には、非課税のゾーンがあります。被相続人が亡くなる事によって取得を行った場合ですと、生命保険金、損害保険金で、保険料の全部か一部を被相続人が負担していた場合ですと、課税対象となります。

 

この死亡保険金を受け取る方ですと、全部の相続人が取得した保険金の合計額が計算式によって計算を行いました非課税限度額を超えるとき、その超える部分が課税対象になります。

 

 

取得しました、生命保険金の金額が非課税枠に入っていれば相続財産には加算はありません。

 

ですので、自分自身の財産から毎月ごとに保険料を支払えば、必ず相続財産を減らすことになるため、減額することになります。

 

また、自分が亡くなり御家族が生命保険金を取得を行った時には必ず非課税枠がありますので、税金を払うこと必要はなくて、しかも相続財産を受け取れるようになります。

 

結論を言いますと、相続の財産から生命保険料を支払う事によって、続財産が減りますので、支払いが必ず減額になります。

 

また、生命保険金を主と繰るするのは、非課税で保険金を取得しますから、非課税で財産を移動したのと同じことになります。

 

つまり、2重のメリットを適切な手続きを踏むとメリットを得ることができます。

af9920058177l

 

 

法定納期限は相続開始日(通常は被相続人の死亡の日)の翌日から10ヶ月以内です。例えば1月1日に被相続人が亡くなった場合、その翌日から10ヶ月内、つまり11月1が期限となります。

 

申告は相続によって財産を取得した人が行わなければなりませんが、複数の相続人がいる場合は共同申告になります。全員が申告書を出すわけではなく、1通の申告書に全員が署名、捺印し、下に納税額を計算する欄がありますので、各人毎に計算します。

 

ただ一番問題となる遺産分割協議が終わっていなければ、作成することは出来ません。もし、まとまらないで期限が近づいた場合は単独で申告されるケースもあります。

 
納付は原則現金ですが、用意できない場合は延納や物納でも納付出来ます。延納の場合は延滞税がかかります。

 

法定納期限の翌日から2ヶ月はまだ小さい利率ですが、それをすぎると倍以上の利率となります。物納の場合、有価証券や不動産、国債、地方債、不動産、船舶、社債、株式、動産で納めることができますが、物納出来ないものもあります。

 

質権、抵当権等の担保の目的となっている財産や共有となっている財産(共有者全員が持分の全部を物納する場合を除いて)等です。

 
各相続人全員には連帯納付義務がありますので、お互いに完納を確認しあうことが重要です。

af9920058177l

 

 

遺産を相続した場合、税金の申告を考えることになりますが、全ての人が対象となるわけではありません。相続する財産の総額が基礎控除という一定額を超える場合のみ申告、納税を検討することになります。

 

一般的な基礎控除は、相続人の数かける1千万に5千万円を加えたものであり、相続人が3人であれば8千万円となります。

 

また、遺産には負の遺産というものもあります。負の遺産とは借金のことであり、相続時の財産とは、預金や株式などの有価証券などのプラスの遺産からこうした負の遺産を差し引いた額、つまり純資産で考えることになります。

 

また、相続時の納税には、多くの特例があり、資産が基礎控除額を超えていても必ずしも納税が必要となるわけではありません。

 

まず、配偶者が遺産を相続した場合には、被相続人の財産形成への貢献やその後の生活への配慮から法定相続分または課税価格1億6千万までの財産は課税されません。

 

その他マイホームの相続や相続人が未成年者の場合なども特例の適用があります。

 

相続時の課税は、富の再分配を促すものですが、今後は景気対策という面からもこの課税強化が進められていきます。

 

この課税を強化することにより、資産を子供に残しにくくし、老人世帯の支出の増加を促そうというものです。