相続財産を売却する際に税金を安くする方法は?

af9920058177l

 

遺産相続をしてその税金を支払い、高いなと感じたことは有りますか、かなりの高率で課税されていますからきっと殆どの方がどうにか安くならないかなと考えるはずです。

 
そこで、一定期間内に相続された物を売却すれば相続財産を譲渡した場合の取得費の特例という、法律が有るのでこれを利用しない手はないでしょう、それには条件があります。

 

(この特例は、相続により取得した財産などを、売却した時は、税額から一定額を譲渡資産の取得費に足すことができるというものです。)

 
それは相続や遺贈により財産を取得した人で、その財産を取得した人に税が課税されその財産を、相続開始のあった日の翌日から税の申告期限の翌日以後3年を経過する日までに譲渡していること、と言う条件なのですが簡単に言うと、財産をモラッテ税金を支払った人が申告期限の翌日から3年以内にその遺産を売却すると言うことです。

 
また税金の申告と納税の期限は、被相続人の死亡した日の翌日から10ヶ月以内となっています。

 
引き継いだ遺産を売るというのは、かなり抵抗があると言う方も有るでしょうが、これは一定額が税金から控除される上にあなたから次の世代に相続が発生しないというメリットがあります、と言うことは遺産相続で親族間に争いごとが発生しないこと、

 

これは税金が安くなると言うことよりずっと得策で、つまり経済的以外にも家族にとって有益でとどのつまりは税金をやすくすると言うことなのです。