財産をもめないで分けるには?

多くの人達が今までに財産分与の際に揉めたり、ひどい時には裁判沙汰になった事の有る人も多いでしょう。特に遺言書が無い場合は修羅場になる事も多いです。

 

財産を揉めないで分ける方法は幾つか有りますが、被相続人が生きてるうちに遺言状を作成し自分の意思表示を行う事です。

 

それも公正証書と言う形で残せば、裁判判決と同じ効力が有りますので亡くなった後も確実に被相続人の意思表示が残っていますので、相続人はそれに従い遺産分割協議に臨まなくてはいけません。ですので揉める可能性は極めて低く、遺産分割もスムーズに進みます。

 

 

af9920058177l

 
しかし問題は無い訳でも無く、家やマンション等の不動産の場合は取得割合の決め方が難しく分割の仕様の無い遺産ですので、その様な時は代償分割と言う制度を利用します。代償分割制度は分割の仕様の無い遺産(主に不動産)を、特定の相続人に相続させて、その特定の相続人は他の法定相続人に決められた割合を金銭等の動産財産に変えて支払う制度です。
代償分割制度が有る事によって「この家は誰が相続するか?」等の問題も無くなり、金銭的な割合については遺産分割協議で定めておけば、後は金銭的なやりとりだけで済みますのでトラブルは軽減する事は可能です。